西村屋からのお知らせ

ビュセ氏1.JPG   皆さんはエルヴェ・ビュセ氏をご存じでしょうか?フランス・アヴェロン県コンク村にある

  ミシュラン一つ星のオーベルジュ「ムーラン・ド・カンブロン」。そのオーナーシェフがビュセ氏

  です。

   今回、フレンチの巨匠『アラン・デュカス』氏の意向で来日したビュセ氏は、アヴェロン県と

  友好関係にある兵庫県を訪れる運びとなり、その一環で西村屋本館にお越しになられました。

   当館の高橋悦信総料理長立ち会いのもと、松葉かに・但馬牛・こうのとり米をはじめとする

  但馬特産の食材の調理法を見学されたビュセ氏は、珍しい食材と料理人の手さばき・包丁

  さばきに見入っておられました。

ビュセ氏3.JPG   また翌日には高橋総料理長と会談し、自然を守りその恩恵を享受する但馬の食文化に

  ご自身が掲げられるコンセプトとの共通点を見出されているようでした。

   フランスと日本、異なる国・異なる文化であっても、自然やそれらが育む食文化をこよなく

  愛する人々の心に大きな隔たりはないことを痛感する一日でした。

   ビュセ氏のまたのお越しを一同、心よりお待ちしております。

ビュセ氏2.JPG